・1985年、世界で初めて、ドイツ・中国・日本の合作で制作された。
全52話(各27分)

・ヨーロッパで児童映画について最も水準の高い西ドイツ国営テレビZDF、
オーストリア国営テレビORFをはじめ、
フランス、スペインなど、10数ヶ国でテレビ放映され絶賛を浴びる。

・「ムーミン」「みつ蜂マーヤの冒険」など、ヨーロッパの児童名作の映画化ではその質の高さにおいて他の追随を許さない
 アポロ・フィルム社のディレクター、アンドレア・ワーグナー女史が 数度来日し、その制作に関与。日独合作児童作品として制作される。

・文部省(現・文部科学省)推薦

・寅さんシリーズをはじめ、数々の良心的作品で名高い
 映画監督、山田洋次氏推薦

・数度の児童出版文化賞経歴を持つ、動物長編映画
 「キタキツネ物語」の原作・企画、高橋健氏が物語監修として参加。

・NHK「おかあさんと一緒」「みんなのうた」等でアニメーションを担当し、
 内閣総理大臣賞受賞の絵本作家、中原収一氏が美術を担当。