ジョン・レノン & オノ・ヨーコ  年 表

 

ジョンレノンの残した多くの自筆画

 

HOME  

ジョン・レノン & オノ・ヨーコ  年 表

1933 2月18日 オノ・ヨーコ、東京で生まれる。
1940 10月 9日 ジョン・ウィンストン・レノン、リヴァプールに生まれる。
1941 ジョン、ミミ伯母さんとジョージ伯父さんに引き取られる。
1952 9月 ジョン、クオリー・バンク高校入学。
1957 5月 ジョン、学校の友人数人とクオリー・メンというスキッフル・グループ結成。
7月 ジョン、クオリー・メンの演奏を見に来たポール・マッカートニーと会う。
9月 ジョン、リヴァプール美大入学。
1960 5月 シルバー・ビートルズと改名。
6月 ザ・ビートルズと改名。
7月 ジョン、美大卒業。
1962 8月23日 ジョン、リヴァプールのマウント・プレザント登記書でシンシア・パウエルと結婚。
10月 最初のシングル「ラブ・ミー・ドゥ」リリース。
1963  
4月 8日
ジョン・チャールズ・ジュリアン誕生。
8月
オノ・ヨーコと夫アンソニー・コックスの間にキョーコ誕生。
1964
3月
ジョンの最初の本「In His Own Write」(邦題:絵本ジョン・レノン・センス 晶文社)出版。
9月
オックスフォード飢饉救済委員会が印刷した50万枚のクリスマスカードに、ジョンが描いた絵が使用される。
1966
映画「How I Won The War」の撮影頃から"おばあちゃん眼鏡"をかけるようになる。
11月
ジョン、日本人アーティスト オノ・ヨーコによる「未完成の絵とオブジェ」と題した展示会の下見に行く。そこで、画廊のオーナー、ジョン・ダンバーにヨーコを紹介される。
1967
10月
ジョンは匿名で展覧会「ヨーコ・プラス・ワン」のスポンサーとなる。
1968
5月
アップル社設立発表。
7月
ジョンの最初の美術展覧会"あなたはここにいる"(ヨーコに捧げた)開催(ロバート・フレイザー・ギャラリー)。
オープニングに先立って、二人は365個のヘリウム風船をロンドン上空へ飛ばす。
11月
シンシア、ジョンとの離婚訴訟に勝訴。
ヨーコ流産。
ジョンとヨーコの初めての前衛アルバム「未完成」作品第1番(トゥーバージンズ)リリース。アルバムのジャケットの表に二人の全裸の前向きポーズが、裏には後向きのポーズが載った。
12月
アングラ芸術運動のクリスマスパーティー"錬金術の結婚式に、二人は白い袋をかぶって登場。
アップルのクリスマスパーティーで二人は、サンタクロースの格好をしてプレゼントを配る。
1969
1月
アルバム「トゥバージンズ」3万枚が、ジャケットがポルノティックであるという理由でニュージャージーで没収。
2月
ヨーコ、夫アンソニー・コックスと離婚。
3月20日
ジョンとヨーコは、ジブラルダルに70分滞在している間に、英国領事館の登記官を立会いに結婚。
3月25日〜31日
アムステルダム・ヒルトンの902号室平和のためのベッド・イン。
4月
ジョンとヨーコの映画とプロダクションの会社バッグ・プロダクション設立。
5月
二人の「未完成」作品第二番(ライフ・ウィズ・ライオンズ)を、アップルの前衛レコード・レーベルとして作られたザップル・レーベルからリリース。
バハマのシェラトン・オーシェナス・ホテルで平和のための公開ベッド・イン。(高温多湿のため、まもなく中止)
5月26日〜6月2日
モントリオールのクィーン・エリザベス・ホテルで7日間のベッド・イン。
6月 1日
ベッドで、「ギブ・ピース・ア・チャンス」を録音。
6月 2日
ある大学で開かれた平和関する会議に参加。
7月
ザ・プラスチック・オノバンドのクレジットで、ジョンの初めてのソロ・シングル「ギブ・ピース・ア・チャンス」リリース。
10月
ヨーコ流産。
11月
アップル社、ジョンとヨーコの「ウェディング・アルバム」をリリース。これには、二人の結婚証明書、いろいろな写真、2冊の小冊子、1枚のポスターなどがついている。
12月
ベッドフォードシャーア州キャンディントンの非公認の敷地に、ジプシーの子供たちのだめの10メートルのキャラバン・スクールを寄付。
プラスチック・オノ・バンドの「平和に祈りをこめて」、アップル社よりリリース。
「戦争は終わり!あなたが望むなら。ハッピー・クリスマス。ジョンとヨーコ」と書かれた巨大なポスターや広告板が世界の11都市に揚げられた。
イギリスのケント州ロチェスター大聖堂の外で平和を呼び掛け世界の貧困への関心を促すため、短期間の座りこみと断食。
1970
1月
ジョンは、自分の歌やレコードから生じる将来の収益は、地上の平和の促進に向けられるだろうとデンマークで発表。
1月15日
ジョンのリトグラフ展がロンドンで開かれる。

BAG ONEの16枚のうちの3点目

不定期に16点を紹介していきます。

1月16日
スコットランドヤードが展覧会に踏み込み、8点を猥褻だという理由で没収。
警察の手入れ以後、『Bag One』の売れ行き急上昇と報告され、1組550ポンドで販売された。
2月
ロンドン・アート・ギャラリーは、ジョンのリトグラフ展つまり「警察条例に違反する猥褻な展覧会」を催したかどにより法廷から出頭命令をうける。
3月
東ロンドンのヴィクトリア・パークで開かれた核兵器廃絶運動に対し、ジョンが電話でメッセージを送る。
ヨーコ、流産。
4月
リトグラフ裁判は、ギャラリー側勝訴。
1971
10月
ジョンの名作「イマジン」リリース。
ジョンをゲスト・アーティストに迎えた、ヨーコの作品展「それはここにはない」が、ニューヨークのエヴァーソン美術館で開催される。
1972
6月
ジョンとヨーコの怒りに満ちた政治色の濃いアルバム「サムタイム・イン・ニューヨークシティー」アメリカでリリース。
8月
二人は、ニューヨークのマジソン・スクエア・ガーデン開かれた知恵遅れの子供と大人のためのコンサートに参加。
6万ドルを寄付。
1973
10月
4年半の結婚生活の後、別居。
11月
ジョンのアルバム「ヌートピア宣言」リリース。
1974
10月
ジョンのアルバム「心の壁、愛の橋」リリース。
1975
1月
ジョン、ヨーコのいるダコタへ戻り再び同居。
ヨーコまもなく妊娠。
10月 9日
ショーン・タロー・オノ・レノン出産。ジョンの35回目の誕生日。
1977
レノン一家、日本へ旅行。
1980 ジョンとヨーコは、3週間以上かけて「プレイボーイ」誌のインタビュー収録。
10月 ヨーコは、マンハッタン上空に愛のメッセージを書かせ、ジョンの40歳の誕生日とショーンの5歳の誕生日を祝う。
11月 二人のアルバム「ダブル・ファンタジー」リリース。
12月 8日 ジョン、凶弾に倒れ、死亡。


ジョンレノンの残した多くの自筆画

HOME